ゴムだけじゃなくクラビットを常備!私のクラミジア防止術

クラミジアの原因

性感染症の中で流行が心配されている性病にクラミジアがあります。
いったん感染するとさまざまな症状を出します。予防と対策のためには感染の原因を知っておく必要があります。この性感染症は日本でも最多の感染症であると言われており、若い世代を中心にして広がりを見せています。性感染症の範疇には属していますので、感染原因は性行為による場合が多いとされています。感染している異性(または同性間)で病原菌が移り、種々の症状を呈します。
最近は感染因となる性行為にはさまざまな行為の種類があります。性器を用いたもののみでなく口を介した行為もあります。そのために発現する症状にもバリエーションがあります。
クラミジア菌に感染すると、男性の場合には尿道・睾丸の炎症、女性の場合には子宮の障害のような性器とその周辺の症状のみでなく、下腹部痛のような症状が発現します。女性の場合には不妊の原因等にも繋がる可能性があります。
口を介した性行為が行われるようになったために、咽喉、目に感染症が生起するようになり、症状もさまざまになりました。この性病の特徴となるのが自覚症状が乏しいことがあります。この病気に感染した男性の50%には症状が見られません。女性の場合には、その80%に症状がありません。性行為が原因で感染することが分かっても自覚症状が明確ではないために、自覚なく感染していたり、知らずに病原菌を移してしまう事例が生起します。
この細菌は微生物の一種で、動物細胞の中に入ると増殖し、さまざまな害をもたらします。以下では、細菌の感染因を述べてみることにします。
感染因の大半は性行為によるものと言われています。感染する人が多いので代表的な性感染症の一つとされています。性器を用いた性行為以外には性器具による性行為、キスも性行為に含まれます。口の中に細菌が存在すれば、キスも感染因になります。この感染症については、あらゆる性的接触での感染が想定可能です。男性が罹患するこの感染症の症状としては、尿道炎、睾丸周辺の炎症があります。尿道炎や睾丸周辺の炎症が見られる男性の30%から80%がこの感染症であるとする統計もあります。感染男性の身体に病原菌が存在するために、体液・粘膜から異性あるいは同性に感染します。女性も感染すれば、膣から分泌される体液に病原菌が存在し、分泌液・粘膜から男性または女性に移してしまうこともあります。