ゴムだけじゃなくクラビットを常備!私のクラミジア防止術

クラビットの効き目

クラビットはとても非常に大きな種類の感染症に使われる医薬品となっています。感染症とはクラミジアや咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎などの吸気感染症だけでなく、中耳炎、副鼻腔炎などの耳や鼻の感染症にも効果を発揮するものとなっています。
この薬はニューキノロン系の合成抗菌剤となっていて、細菌のせいで起こる感染症を治すのに使われるものとなっています。ニューキノロン系の薬は、合成抗菌剤の一種類で、細菌が増える時に要るたんぱく質の元となる核酸が作られることを防いで、細菌を倒す力があると言われています。
クラミジアのような性感染症の理由となる細菌たちは、自分のDNAをコピーしていくことで増えていきますが、増えていくまでの道のりを防ぐ力を持っていることがこの薬になります。抗菌薬の種類は複数あり、この性感染症に効果のあるレボフロキサシンは、細菌のDNAのコピーに関係する酵素を抑えて殺菌する力を出します。
性病を治すために使われるレボフロキサシンだけでなくニューキノロン系の抗菌薬は、薬剤と菌が触れている時間を延ばすよりも、菌と触れ合う薬の濃度を高めて殺菌作用を増強させる、濃度依存症の抗菌薬となってるので、1回飲むだけで効果が出るものとなっています。
またこの薬は他のものと比べて副作用が少ないものとなっています。セフェム系抗生物質やマクロライド系抗生物質とは作用する順序が違っているので、これらでは効果がなかった菌にも力を出してくれます。この薬の副作用は少なくはなっているものの存在しているためご紹介していきます。現在確認されているものは、のどが渇く、不眠、頭痛、目眩、吐き気、腹痛、下痢、腱障害、消化不良、口内炎などとなっています。この病気に限らずこの薬のタイプは副作用がないものというものは難しいので、ある程度は我慢するつもりで使うと良いでしょう。これら以外に見られる可能性がある者として日光過敏症が見られることがあります。そのためこの薬を使っている時にあまり日に当たらないようにした方が良いでしょう。
この薬の使い方は非常に簡単になっていて、ほとんどの場合は1日に1回500mgを水化ぬるま湯で飲むだけとなります。症状が重たいものの場合は1日に1回750mgを3日間飲むというものになります。この性感染症になっている場合はおおよそ1週間程度飲み続けることになると言われております。今まで効果が出なかった人にも使えるものになっていることもあり処方される機会も非常に増えています。通販で安く購入することも可能になっているので、常備しておきたいという方や急いで欲しいという方もクラビットの通販を利用してみてはいかがでしょうか。